FC2ブログ

お知らせ
更新日:2021/4/2


up02 レッスンスケジュール

★通常レッスン:
完全予約制
火・水・土・日曜日
13~19時

★2021年4月の
臨時休講はありません。




★送信して頂いたメールに返信できないことが増えています。当方からの返信がない場合は電話にてご連絡ください。宜しくお願い致します。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


全記事表示リンク


リンク


DATE: CATEGORY:リング
017-015

市販の石枠にパール。リング部分はボールチェーンで飾られています。
ボールチェーンを埋め込むのはちょっと大変ですが、丁寧に作ってくださったおかげでキレイに仕上がりました。

パールがとてもかわいらしくて重ね付けにもいいですね。
とても清楚でお似合いでした(*^^)v
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-028

チョウチョのモチーフのリング。

さすが彫り師(^_^) 遊び心がありますね~。

ちょっと深めに掘ったシルバーの中に粘土を埋め込んであります。

色違いで作っても楽しめそう♪春らしくていいなぁ(^_^)v
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
017-014

ピンキーにもできそうなかわいらしいリング♪

市販の石枠にぴったり合ったので比較的楽に作れたと思います。

でもロウ付けなどの細かい作業丁寧に仕上げてくださったので高級感がありますね!

きれいな指にとても似合っていました。

インカローズ系もオニキス系もいけちゃうのがうらやましい(*^_^*)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
010-054

さすが!素晴らしい彫りですよね~(^o^)
リング全体のバランスも良くてとても素敵!
言うこなしの逸品です。

P.S.あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします♪
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
017-013

大人のピンキーですね~(*^。^*)
かなり難しい石枠を時間をかけてコツコツ作ってくださいました!

シンプルだからこそアラが見えるデザインですが、
手をかけて丁寧に作られた作品はやはり完成度が違いますね(*^^)v

達成感があったと思います!私もかなり嬉しかったです!
でも一番喜んでいるのはアメジストかも(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-027

石留を依頼された作品だそうで、本体はキャストで作られています。
こういう依頼はとても緊張するので度胸が必要。
壊しちゃったらどうしようと思うとなかなか手が出せないものです。

爪の高さがかなり高いように感じたので合わせるのが大変そうでした。
苦労の甲斐あってとてもきれいに留っています。
私も実はドキドキの連続でした(^_^;) きっと喜んでもらえたことでしょう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
010-050

グレームーンストーン・・・渋いですね!
石の左右にはフクリンで囲ったシルバーボール(^_^)
ごついかと思いきやそれほどでもなく、とてもお似合いでしたよ(^_-)-☆

こういう作品は特にフクリンがしっかりしていないと!と思うデザインですね。
合わせ目が出る、薄くて安っぽいリボン線ではこの重厚感は出ません(>_<)

石留もだいぶ慣れてきたようで・・・サクサクっと作ってくださいました。
タガネ練習の成果ですね~私も嬉しいです!

たくさんお持ちの石の中で次回は何を作るのでしょう?
とても楽しみにしています♪
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-026

ツタが絡まるイメージで作られた華奢なリングです。
淡いラベンダー色の翡翠が際立っていました(*^^)v

ツタのようにランダムなラインのデザインは感性がものを言いますね~。
さすが!イメージ通りにきれいに仕上げてくださいました。

私も銀線を使って華奢なリングを作りたくなりました(^^ゞ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
010-049

すっごくかわいいピンクトルマリン! ピンキーリングにぴったりですよね(^^)v

石のサイズは6×8なのに結構存在感がある輝きでした。
これからの寒くなる季節には温かみを感じる色合いです。

8月24日にアップしたアクアマリンや11月1日の翡翠と同じ石枠ですが、石の種類によってこんなにイメージが変わります。

かわいがってあげたくなるリングですね~とってもお似合いでしたよ(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-024

かわいく装飾された立爪を使ったピンキーリングです。
輪の甲丸がとてもきれいにできていました。
赤紫の石がシャープな印象でとても似合っていました(^^)v

石を支える爪は5本です。この爪を石に合わせて長さを削り、整えてから石留めをします。
このバランスを合わせるのが少々大変かもしれませんが、爪に慣れていない方でも練習しながら見栄えの良い作品ができると思います(*^。^*)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-044

私の人差し指用リング。
8×10のオニキスをギザギザのフクリンとシルバーボールで飾りました。

オーバルの石を横に使うと8×10でもかなりごつく見えます。
私の短い指にはかなり可哀そうなことになっています(>_<)

右手の人差指にオニキスを付けると邪悪なものから身を守ると言われています。
たとえば石を買いに行くときに身につけていると、いわくつきの石を買ってしまうことを避けられるとか、人が大勢集まる場所では変な気をもらってしまうことがないそうです。

これからの私の戦いにはもってこいというか必需品です。
なので、ごつくて結構!「さぁ かかって来い!」って感じです(*^_^*)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-043

5×7のアクアマリンと市販の石枠を使ってお手軽作品の完成です(*^^)v
フクリンの上下にシルバーボールがついたかわいい石枠を使いました。

リング部分が曲のため、地金を使うとフクリン(石)とリングの間に隙間ができますね。フクリンの下部を曲に削ったり、リング部分の傾斜を合わせるのは面倒、でも一体化させたい・・・という場合は銀粘土と合体させれば楽に一体化します。

枠が銀粘土から外れたり、収縮により銀粘土がちぎれたりしないために気をつけなければいけないコツがあります。合体作品をまだ作ったことがない方は、是非ピンキーでお試しを(^O^)/



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
010-046

去年の12月に私が作ったウッドリングを参考に作ってくださいました(^^)
同じデザインでも作る人によって個性が出ますね。

これはバランスがすごく難しいリングです。
360度どこから見ても曲線がきちっと揃っていないといけません。
かなり慎重に削らないととんでもないことになってしまいます(^_^;)

木の作品は焼成後に木と銀を一緒に削って仕上げるのですが、
この工程はやり直しができないので神経を使います。
本当に大変な作品ですが、よく頑張ってくださいました(^O^)/
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-022

8月5日にアップした「新作たち」の中にあるリングと同じデザインで作ってくださいました(^O^)/

この作品はガッツが必要なので、生徒さんにはきついかなと思っていました。
「かなり大変だ」と、さんざんおどかしても作りたいと言ってくださったので嬉しかったです(^O^)/

削ることも想像を超えるハードワークですが、それより大変なのはどの方向から見てもエッジがピシッと合っていないとへんてこな形になってしまう点です。

リングを360度くるくる回して確認しながら削らないとバランスが悪くなってしまいます。緻密さと根気がないと・・・(>_<)シンプルだからこそ難しいデザインです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
010-044

かわいらしさも上品さも兼ね備えたデザインですね。
石のカットがちょっと変わっているので、とてもキュートです(^_-)-☆
でも長く身につけられるシンプルな形です。

爪が頑丈にできているため、なまして一気に叩くか、かなり薄くしないと(^_^;)
でも頑張ったおかげで、ここまで立派に完成しました。
本当にお疲れ様でした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-042

今更ながら・・・5月の展示会用に作ったウッドの新作です。
左のスクエアと右下の六角形ペンダントの木は若干カボっぽく仕上げました。
右上のリングとクロスとハートはピシッとツライチにするのが大変でした。

木は天然石のように研磨が大変ではないので、好きな形でデザインできるのが良いところ(^O^)/

色々な木を試しましたがやはり黒檀に勝る木は見つかりません。
柔らかすぎても造形しにくいですし、身に付けるのも不安。
色落ちする木もありますので、水を使うとか雨の日は要注意です(*_*)


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-038

カヤナイトは2~3年前から展示会でよく見かけるようになりました。
私の好きなブルーなので、これは4個も即買いしました(^_-)-☆
サファイヤほどきついブルーでもなく、トパーズ系のように派手さもないですが、私の指にはしっくりくるのです。

まずはごつめの指輪を・・・。
難しいデザインではないですが、左右対称なので(^_^;)
教室で見る機会があれば是非指にはめてみてください。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-021

かっこいいです~(*^^)v
サクサクっと感覚で削れる感性がうらやましいですね。

バランスもよく、シルバーならではの味が出ています。
細いラインなのにピッカピカなのでカメラのレンズが写ってしまうほど!

プレゼントする作品だそうですが・・・。
これだけできが良いとプレゼントするのが惜しくなってしまいそう(^_^;)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
010-039

ペアですか?と思われるでしょうが・・・いえいえ練習してくださっているのです。
トライバルは1つ1つの柄が命で、なかなか思うように打つことができません。
でも何回も練習してくださったので、模様がきれいに入っていますね(*^^)v

リングの幅を変えたり、サイズを変えると円周も変わる・・・なので柄の打ち方も当然変わってくるわけで(*_*) 奥が深いテクスチャーです。

私は復習せねばならぬ作品の山で、トライバルまでなかなか到達できず(~_~;)
少々、焦り気味です~。より良いトライバルを目指すために一生追い続けるかも。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
017-012

またしてもデジカメが写ってしまうほどピッカピカの鏡面作品です!
いつも丁寧に磨いてくださるので、仕上がりもキレイですね(^。^)

上下のラインは中央より一段高くなっていて、その上に星が輝いています。
こういうデザインはラインのバランスが崩れやすいものです(>_<)

まっすぐに削るのは意外と難しいですよね~。
シンプルなデザインだからこそ、小さな失敗が目立ってしまうのです。
ヤスリに慣れていないと難しい作品なのですが、オミゴトでした(^O^)/

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-020-1
016-020-2


シルバーアクセのカテゴリーで羽根は絶対外せないモチーフの1つ。
この作品は羽根を付ける位置や方向、大きさなどのバランスがとても難しいデザインです。まして1本でも重ね付けしてもバランスがとれるように作るには、イメージをしっかり頭に入れていないと全く違うデザインになりかねません。

しかし、さすが!いつもサクサクっと作り上げてしまう方なので難なく仕上げてくださいました!想像通り、1本でも重ね付けでもいける仕上がりで、とてもかっこよかったです!

写真では写しきれませんでしたが、片方のリングの羽根の脇に小さい石が2個入っています。これもさりげなくて、「やるなぁ~」と思わせる作品でした(^O^)/
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-033

マンモスの牙を戴きました!
とても貴重なものなので嬉しくて早速作ってみました。

ところが・・・切っている時に縦にポキッと割れるわ、サキイカのように横にも裂けるわで「これはどうしたものか」と悩んでしまいました。

なるべく銀に囲まれた状態で、立体にせず高さのないデザインに・・・。
結局、銀でかしめたツライチの指輪にしました。
ブログに載せていない大きなウッドリングと同じデザインです。

ウィノールや青棒でこの程度の艶が出ました。
もっと艶が出る研磨剤やバーを模索中です(*^_^*)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-018

とてもリアルなドラゴンフェイス! 威厳がありますね。
またしても彫りの名手が腕をふるってくださいました(*^^)v

電車の中などでステキなアクセサリーを身につけている人を見つけると
ついつい、じーっとその作品を観察してしまいます。

きっとそんな風に目を引くリングではないでしょうか。
「あのリングは何だろう・・・ドラゴンだわ!」と(*^。^*)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-030

しばらく穴あき状態で放置されていたリングをご存知の方も多いはず(^_^;)

ウッド作品で悲鳴を上げていた肩が楽になったので、さぁ~ミル留だっ!と
気合いを入れた日に限って母屋の屋根の修繕日でございました。

屋根を剥いだら天井裏も傷みがひどく、骨組みも取り換えるほどの大工事に。
デスク前の窓の外には頭にタオルを巻いた5人の職人さんが・・・。
ドタドタ、ドッカーンとすごい震動が来るたびに石がコケッと傾くのです(>_<)

なにもこんな日に無理しなくても・・・とわかってはいるのですが
エンジンがかかると止められない性格なんですよね。

途中まで出来上がっている次のウッド作品も早く仕上げたいし。
ってことで、コケまくる石を小突きながら完成させました。

写真より実物の方がもうちょっと鏡面がきれいです。
エターナルとまではいきませんが、15色 2mmの石たち。
色見本にはなりますよね(*^^)v
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-028

以前の作品と同じく側面が銀に覆われていないので固めの黒檀を使いました。
小さめに作れるのでお気に入りのデザインです。

木を押さえているトップの部分にどちらの素材を使おうか・・・かなり悩みました。
キレイとまではいきませんが、試作品としては出来が良い方かな(*^_^*)
強度補強について意外な発見があっておもしろかったです(^O^)/

このデザインで合成石を入れる場合は少々厄介ですね。
木は上部も側面も削れるので、どちらの素材でもOKという結論に達しました。
とは言え、収縮をよく理解していないととんでもないことになると思われます(^^;)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-026-2


キラキラが大好きな母へのクリスマスプレゼントです。

ミルを使ったデザインでこの石の周りを飾ろうかと思いましたが
宝飾系の作品はデザインがありきたりになりがちでいけません(>_<)
結局、この石を目立たせるためにシンプルなデザインにとどめました。

10×12の大きなラベンダーはとてもキレイなカットなので母は一目惚れしたようです。
真上から見ると引き込まれそうな輝きで見事に目立ちます。
次はまたこれ系の石で誕生日プレゼントを考え中(*^^)v

a-026-1
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-025

いつか作ってみたいと思っていたウッド(コクタン)のリングです。
今まで習ってきたウッド関連の4つの留め方の中で、一番最後の技法で作りました。

しかしどういう風に作ったら良いものか・・・。
失敗しては作りなおし、試行錯誤しながらやっと出来上がりました(^O^)/
この技法もなかなか奥が深いので色々な場面で使えそうです(*^^)v
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
017-010

最近、若い男性の間でも和柄が流行っていますね~。
とても鮮明に彫れた桜のリングです。

男性用なのでキラキラより梨地の方が迫力を感じます。きれいに磨いてからの梨地なので、とてもきれいでした。5枚の花弁を均等に彫るのは難しいですが、プレゼントだそうで・・・さすがに気合いが入っておりましたp(^。^)q

こういうタイプの彫りにはニードルよりカービングの方が威力を発揮します。
腕ももちろん左右しますが、道具を選ぶと楽にできますね(*^^)v
また是非、和柄にトライしてみてください♪


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
016-015

さすが、彫りがお得意なのでサクサクっと作ってくださったピンキーリングです。
デザインもすっきりしていて普段使いにも最適な大きさでした。

ピンキーは意外と作る方が少ないのですが、中指のリングだけではちょっと寂しい・・・なんていう時にはピンキーを付けるととてもキュートです(*^^)v あまりの材料でもできちゃうことが多いので是非作ってください♪

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-024

普段使いのシンプルな指輪が欲しくなって、引き出しをゴソゴソ(^_^)
私にしては珍しい石ですが、カットがキレイなので一目惚れして購入しました。

不細工な私の手にはちょっと似合わないけど、たまにはこんな石もいいなぁ~。
季節はずれの色かもしれませんが、やっぱりブルーが好きです(^_^;)

この指輪は全部が甲丸ではなく、石の左右の三角のとがっているところから
リング部分にシャープなラインを入れました。下半分は甲丸です。

以外にもスクエアリングがしっくりくるのと同じで、このシャープなラインも
気になりません。とてもお気に入りのリングがひとつ増えました(*^^)v
| BLOG TOP |

copyright © Crafter's Cafe all rights reserved.Powered by FC2ブログ