お知らせ
更新日:2017/9/7


up02 レッスンスケジュール

★通常レッスン
火・水・土・日曜日13~19時

★9月の臨時休講日:9/19(水)

★送信して頂いたメールに返信できないことが増えています。当方からの返信がない場合は電話にてご連絡ください。宜しくお願い致します。

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


全記事表示リンク


リンク


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:Cafe
1月30日に記事を書き換えました。
生徒さんのご希望により、月曜日もオープン致します。


L-002
◆宝石研磨◆
右の細長い石が研磨前のソーダライトです。
これを好きな形に整えて磨いたものが左の作品です。

2月からこの宝石研磨を習うことにしました。
また、以前から受講しております有資格者のための講習(月2回の金曜日と、第3木曜日)も継続して受講致します。特に水曜日の15時以前を希望されている方には申し訳ないのですが、どうかご理解ください。

今後は基本的に下記のスケジュールでレッスンを行います。
曜日を決めていない方のご予約は1週間前までにお願い致しますm(__)m

月曜日:終日(10:00~21:00)
火曜日:終日(10:00~21:00)
水曜日:不定期開講(15:00~21:00)
木曜日:終日(10:00~21:00)第3木曜日はお休み。
金曜日:お休み
土曜日:終日(10:00~21:00)
日曜日:終日(10:00~21:00)

イベントや上記以外の講習などでお休みさせて頂くすることもありますので、ウェブサイトのスケジュールページ、もしくはこのブログの左メニュー「お知らせ」でご確認ください。



本来、宝石研磨は研磨職人さんが行う分野です(*^_^*)

ラウンド・オーバル・ペアシェイプetc・・・決まりきった形ならともかくですが、特徴のある形となるとなかなか気に入る石に巡り合うことはできませんね。形に特徴があればあるほどその形に合わせたデザインを考えなければなりません。

しかし、石を好みの形に削ることができれば、石に合わせてデザインを作るのではなく、作品のイメージに合わせて石の形を変えることができるわけです。

研磨職人さんに特注で削ってもらうこともできるのですが、自分で研磨した石を使うのとは気持の上でもかなり違ってきます。最初から最後まで完璧なオリジナリティーを追求できるのですから 「一点もの」としての付加価値もアップします。

オマケとして・・・「枠がコンマ単位で石より小さかった」という失敗があったとしても大丈夫なわけですね。ウッドの枠に用いた技法には最適です!

もうひとつオマケとして・・・傷付いたり曇った石もピッカピカに復活できる!研磨されている石だけど形を変えたいなんていうのももちろんOK (^O^)/

作品の幅が広がることももちろんですが、教室の設備や講習内容の幅も焦らず広げていきたい!機械を購入し、ご希望の生徒さんは研磨ができるようにと計画しております。

とは言え・・・研磨職人は何年も修行を積まなければなれません。専門職までとは言いませんが、生半可な知識と腕ではとうていできることではありません。きちんと習って技術を習得するまで少しお待ちください。

以前からの講習に加えて研磨もとなるとレッスン日が不定期になりますが、教室の発展のためにも どうかご理解くださいませm(__)m
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:手工芸関連
B-002

こちらの本もそれぞれの石の原石と研磨後の写真が載っています。
以前から教室にある本と同じような内容ですが、この本は石に適したカットの仕方が載っているものもあってワクワクしてしまいます(^O^)

形を変えるだけならば、教室にあるグラインダーでも硬度7(アメジストやオニキスなど)までは削れます。それ以上は高価な石になることがあるので試していません(^^ゞ 後の磨きが問題ですが・・・。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:手工芸関連
B-001

教室にはシルバー・ガラス・クレイなど、結構たくさんの本があります。
私の整理下手のせいで全部を見たことがある方はいらっしゃらないはず(^_^;)
なので、これからは新・旧取り混ぜてブログで紹介しようと思います。

まず、届いたばかりの本のご紹介・・・天然石の書籍です。
これはとても真面目な本で (~_~;) 宇宙や地球の始まりから解説してあります。

天然石と言うよりも鉱物の解説本という感じ。うーん難しすぎる(>_<)
しかし、原石と研磨後の写真が載っているため、研磨を目指す私には最適です。

誰でも知っているオニキスやアメジスト等の貴石から化石まで載っています(^_^;)
石好きの方は持っている石の硬度くらいは知っておきたいですよね!
是非、雑学の参考にでも見てください(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:雑貨・インテリア
011-011

ヴェネチアガラスのフットランプです。
こんな小さな明かりでも、ちょっとしたお部屋のアクセントになりまよ(*^^)v

トトロを連想するような・・・。
目に入ると思わずクスッと笑ってしまうような、とてもキュートな表情の猫ちゃんです。

久々のガラスでしたね~私も嬉しかったです♪
また是非、ガラスも楽しんでください(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リング
a-028

以前の作品と同じく側面が銀に覆われていないので固めの黒檀を使いました。
小さめに作れるのでお気に入りのデザインです。

木を押さえているトップの部分にどちらの素材を使おうか・・・かなり悩みました。
キレイとまではいきませんが、試作品としては出来が良い方かな(*^_^*)
強度補強について意外な発見があっておもしろかったです(^O^)/

このデザインで合成石を入れる場合は少々厄介ですね。
木は上部も側面も削れるので、どちらの素材でもOKという結論に達しました。
とは言え、収縮をよく理解していないととんでもないことになると思われます(^^;)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-027

木をかしめて作るペンダント。改めてトライしてみました(^_^;)
内側に湾曲しているこのデザインの場合は銀を削るつもりでも隣接した木の方が削れてしまう可能性があるから注意せねば・・・とわかっていながらヤスリが滑るのです(*_*;)

初めてこの技法に挑戦する作る方は、私が初めて作った側面がツライチの作品からトライしてみてください。焼成後の銀を削らなければなりませんが、側面がツライチならば意外と簡単にできます。

木が軽いので大きい作品でも見た目ほど重くありません。
なのに重厚感があってお気に入りの作品です(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
016-017

カクカクっとしたハートのペンダント。
甘くないところが彼女らしい(^_-)-☆ とてもお似合いでした。

簡単そうに見えるけれど、いやいやこれが意外とやっかいなのです。
どの位置で、どんなライン取りでメリハリを出すか・・・とても迷うはず。

考えれば考えるほどわからなくなってイメージが変わってしまうことも(~_~;)
シンプルだからこそ難しいというデザインの典型ですね。

ハートなのに甘くない。ありきたりでない形。本当にホレボレします(*^_^*)
どの角度からもキラキラ光っていて高級感があり、かっこよくまとまっていました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:Gardening??
tsubaki01

毎年お正月頃に咲くキリシマツバキが満開になりました。
肥料も手入れもしないのに毎年きれいな姿を見せてくれます。

冬の花としては外せないツバキは和花でもゴージャスに飾れます。
かなり大きめな八重なので、クレイの方は特に参考になるかと(^_-)-☆
たまには和花を・・・と思う方は是非作ってみてください。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
027-009

12月17日にアップしたローズクォーツのビーズペンダントと同じバージョンで、羽根を下向きに角度を変えた作品です。こちらもとてもかわいかったです!

この石はローズクォーツとは正反対の印象の石ですが、不思議とどちらも似合っていてステキでした。甘くないけどかわいらしい・・・このようなデザインはどんな石にも似合ってしまうのですね(^O^)/

ブログには2作品を出させて頂きましたが、3作品作られました。同じ作品を複数作ると慣れて来てどんどん上手に出来ますね。良い勉強になったと思います(^_-)-☆

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:雑貨・インテリア
cf014

あけましておめでとうございます\(^。^)/
今年も元気で楽しくレッスンができますように・・・どうぞ宜しくお願い致します。

お正月にしては質素な作品ですが、あまりゴテゴテせず気に入っています。
このベースはお正月でなくても、ちょっと和風に飾りたいときにお勧めですよ!
このような和花は日本酒をプレゼントするときに瓶に飾るとオシャレです(*^_^*)

皆様のパワーに負けないよう、今年はシルバー関連の新分野に着手します。
楽しみにしていてくださいね(^_-)-☆
| BLOG TOP |

copyright © Crafter's Cafe all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。