FC2ブログ

お知らせ
更新日:2019/9/25


up02 レッスンスケジュール

★通常レッスン:
火・水・土・日曜日
13~19時

★2019年10月の
臨時休講日:16日(水)


★送信して頂いたメールに返信できないことが増えています。当方からの返信がない場合は電話にてご連絡ください。宜しくお願い致します。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


全記事表示リンク


リンク


DATE: CATEGORY:ペンダント
010-061

最近よく見かるデンドライト クォーツ、シブい石ですね~。

メノウ系の石にも見られる模様・・・とても個性的です。

落ち着いた感じに仕上がるので長く身に付けられます。

作成者さんはレトロな感じに仕上げたかったそうです(^_^)

緩やかなより線が(^_^)v

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
041-001

ダイバーならではの作品ですね(^O^)/

滑らかなクジラの体型を表現するのは難しいですが

何回もの練習の成果が(^_-)-☆

これからも楽しみにしています♪
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
024-005

造形はさほど難しくないのですが気合いが必要な紫檀の作品です。

木を使うほとんどの作品はガッツがないと心が折れてしまいます(T_T)

特にこの作品はテーブル面も四隅も角を出さないとかっこがつきません。

かなりしんどかったと思いますが見事に完成させてくださいました!

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-058

あまりにもランダムな形なので悩みました。母へのプレゼントです。

お気に入りのシルバーレースを使うと石の白い部分が目立たず・・・

石の中心が空いているので板も石に合わせて抜いています。

中空状態(~_~;)  母よ大切に扱って~。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-057

ミルキーアクアですが結構ステキな石です。

こちらも今年の夏用に(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-055

大好きなアメジストとラリマーのペンダントを合わせてみました。

ちょうつがいにちょっと手間がかかります。

2石とも欠けたりとんがったりで扱いにくかったのですがなんとか完成しました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-054

涼しげなブルーレースをシルバーレースで(^_-)-☆

V字型のシルバーネックレスに合わせてみました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
016-029

ほんのりグリーンのさわやかなペンダント。

実物はもっと美しい色なのですが・・・

慣れた手つきですんなり仕上げてくださいました(^-^)/
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-059

縞模様がとても涼しげなメノーのペンダントです。

ダブルカボなので悩みましたよね。

でもダブルのシルバーレースで問題解決!

リバーシブルで使えるステキな仕上がりでしたよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-055

またしても難易度の高い作品に挑戦され・・・。
私も思案しながらのロウ付け(^_^;)

こういう作品はロウ付けの順番とか組み合わせに悩みます。
銀線をキレイに加工してくださったので失敗はできない(>_<)

曲線の集まりなのでデザインも難しかったですね。
最後までよく頑張ってくださいました!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-049

市販の石枠で作るのも簡単(*^。^*)
石のインパクトも強烈なので、バチカンに凝ってみました。

1.5mmと2.0mmのジルコニアをアワドメで。
なんともオーソドックスな・・・若い子向きではございませんがこんな作品見本があってもいいかなと(^_^;)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
027-015

なかなか入手できないブラックルチル。とってもレアな石です。
初めてのスクエアのフクリンには苦労されたようですが、クールでかっこよくできましたね(^_-)-☆

エネルギーを増強し、成功運を高めるそうです。
彼女の現状にぴったりの石です。影ながら応援していますよ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
027-014

簡単そうに見えて結構大変な彫りのペンダントです。
太いラインと細いラインがあり、その太さと深さを一定にしなければなりません。
単調で細かい作業ですから集中力が必要ですね。

「このデザインで作って」と依頼されたそうで(^_^;)
そういう場合は神経を使いますよね~でもきっと気に入って頂けると思います。
お疲れさまでした(^_-)-☆


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-048

参考作品を作ろうと思い続けて月日が経ってしまいました(^^ゞ
薄いシート状のメキシコ貝をカットしてUVで埋め込んだ作品です。

素材の扱いに慣れていれば2~3時間ほどで出来ちゃう作品です。
石留は敷居が高いと感じる方でも色のアクセントを簡単に付けられますね。

ただ、ひとつ難点が・・・。
ガラスと違い、UVは年数が経つと透明感が失われて曇ってきます。
曇ってしまったらまた焼成して使いましょう。ということもできるのですが(~_~;)
その点だけご理解頂ければお手軽作品です!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
016-025

翡翠も様々な色がありますが、これはマーブルのようなちょっと変わった色です。
不透明のグリーン系の石はメノウ以外あまり見かけないような気がします。
翡翠は染められた石も結構あるので、洋服に合わせて楽しむといいですね。

この石枠は石の高さが合えば比較的簡単に留められます。
丸カンのロウ付けだけで完成するので急いで作りたいときにはお薦めです。

親しいお友達の誕生日に毎年作品をプレゼントしているそうです。
恒例になって、きっと来年も期待されちゃうでしょうね(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-048

かなり前から作りたい作品のひとつだったようで、念願がかなってよかったですね(^_-)-☆

中子を使っているので立体的にぷっくりした感じがとてもかわいい作品です。

女の子なら一つは持っていたい・・・みたいなフレーズで紹介されそうなデザインですね。

久しぶりのシリンジで集中できたようなので、この調子で次回の作品も頑張ってください!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-047

木の中に合成石を入れてみました。
今回使ったのは黒檀より扱いやすい紫檀(シタン)という木です。
黒い木を使いたいけど黒檀は硬くて辛いという場合はお薦めです。

合成石を入れるのはとても細かい作業で根気が必要です。
石が傷ついたり割れたりしないように小細工もしてあります。

今までのウッド作品のように木の上部を削ることができないため、石がうまく入れられたとしても作品として仕上げるのはまた一苦労です。何回か失敗を繰り返してやっとこの作品が完成しました。

木の厚みは5mmのままで裏の銀板にも穴を空けてありますが、合成石は落ちたり傾いたりしないようにしっかり留めてあります。もちろん、接着剤は使っていません。

さぁどうやって作るのでしょうか・・・考えてみてください(^^)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-047

お休みの間に生徒さんが仕上げてくださった作品です。
作成途中でタイムリミットがきてしまったので心配していたのですが、販売作品としても申し分のない完成度でした!

もっと横から撮影すればよかったと反省・・・ごめんなさい(^^ゞ
サイドの造形は乱れが一切ないしっかりとした曲線でした。
実物は写真で見るよりずっとステキです。
カヤナイトの魅力が生かされているデザインですね(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-046

夏も終わりに近づいていますが・・・。
以前の仕事でミクロネシアに行っていた時、かなりたくさんの貝を集めました。
こんな風に役に立つとは思っていませんでしたが(*^_^*)

小さいものでは5ミリほどの大きさの貝もあります。
浮いているように見えてとてもかわいいですよ!
きれいな蔓(ツル)を枠に見立ててUVしてもナチュラルで宜しいかもしれません。

日本では見たことがない柄の貝もたくさんあるので、今後は大きな貝もカットしてシルバーに合わせて使おうと思います。また来年をお楽しみに(^_^;)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-045

四辺の長さをきっちり同じにするのが大変なスクェアペンダントですが
さすが!ピシッときれいに整えられていますね(*^^)v

現在使っている木の中で一番柔らかいパドックという木です。
指輪には不向きだわ・・・と思うくらい柔らかいです。

銀と一緒に削る時は木を削り過ぎないように要注意(^_^;)
ちょっとオレンジ色っぽくて明るい木なので女性も抵抗が少ないかも。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
016-023

久々のUV作品です。過去に私がジョークで作ったリベンジと、UVでファングッズ♪を覚えていますか?

今回、生徒さんが作ってくださったのはペアシェイプの銀枠の中にUVを流し込んだペンダントです。ピューターで出来ているゴールドの月と星。その背景に外国の切手をカットして入れてあります。アンティークっぽくて、日本では売っていないようなアクセサリーですね(*^^)v

生徒さんの好みは様々ですし、このような皆さんの発想で刺激を受けて楽しいです! UVは色々なアイデアで作れるし、何よりお手軽なのでプレゼントにも最適(^_-)-☆ また色々な発想で作ってください(^O^)/
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
027-013

とてもラブリーなデザインの割りに甘すぎない高級感がある作品でした。
水晶が長めだからかもしれません。

クロスっぽいデザインを羽根で作ると素敵だなぁ・・・。
と改めてデザインセンスに脱帽しました。
女性らしさもありながら威厳を感じる作品で、とてもお似合いでしたよ(^_-)-☆

これも収縮を考えて石に合わせるのは至難の業です。
銀の内側を削ったりして大変でしたが、石の方を研磨をする手もありますね。
早く、研磨機を使えるよう、私も頑張りますっ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-040

今の季節に合わせてピアスとお揃いでアクアマリンをもう1作品(*^^)v

よ~く見ると筋のような縦線のインクルージョンが・・・(^_^;)
そんなわけで大きめの割にはお買い得なミルキーアクアでした。

小さめのカット石ならば迷わず丸カン&バチカンなのですが
石が10×12のカボなので直付けにしました。
小さなボールが付いているバチカンもちょっとオシャレでしょ(^_-)-☆

身に付けるとこの写真よりは石の色が濃く見えます。
慣れれば1日で出来る石枠使いの簡単な作品です♪
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
a-039

ペアシェイプ型のアメジストクラスタをそのまま使ったペンダントです。
粋な感じで、かなり気に入っています。

鋭角な部分が少し低くて隙間が空いています。
この色にしては安価で入手できた石なので納得して購入しました。

石の色が濃い紫なので、きつすぎる印象にならないように・・・と
バチカンはハート型にしました。

他に石などをつけずにシンプルに仕上げましたが、結構存在感があってお気に入りです(*^^)v
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
025-002

バチカンも手作りで、ラブラドライトにぴったりのデザインです。
フクリンにはそろそろ慣れてきたようで、きれいにできましたね!
よく頑張ってくださいました(^O^)/

石の中から浮き出ているような青い光がとても幻想的です。
甘くない大人の石ですね。特にいぶした銀に良く似合います。

かといって、デザインによってはエレガントな印象にもできる石です。
うちの教室では一番人気がある石かも。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-043

久々に黄色系の石の登場です。
琥珀は年配になっても身につけられる落ち着いた色ですね。

虫が入っていないのに、琥珀だとわかる光がとてもキレイな石です。
私もこの琥珀を買ってくればよかったなぁ・・・とちょっと後悔(^^ゞ

爪をきれいに倒すことが出来てお見事でした(^^)v
お友達へのプレゼントだそうです。
こんなペンダントを作ってくれるお友達がいるのは幸せなこと!
きっと末永く大事にしてくださることでしょう(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-041

仕上げの丁寧さが際立っています!
こういうデザインほど丁寧に作らないと、このようにきれいに仕上がりません。

羽根のデザインは自然な流れのランダムさが必要です。
しかし、デザインばかり気にしすぎるとガサツな作品になりがち(^_^;)

デザインも重要ですが、丁寧に作ることで完成度が上がります。
その大切さをしみじみ感じる作品でした(^_-)-☆
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
010-040

ブルーとグリーンが涼しげなペンダントですね~(^O^)
シルバーの土台にガラス釉薬を入れた作品です。

釉薬の色が変な混ざり方をしないように慎重に盛り付けます。
気がつくと息を止めてしまっていることも・・・(~_~;)

盛り付けては焼成する工程を数回繰り返すので、さぞかし疲れたことでしょう。
その甲斐あって、今の季節にピッタリのさわやかなペンダントになりました(*^^)v
お揃いでリングもいかがでしょうか??
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
011-014

ローズクォーツと3mmのムーンストーン!上品なデザインですね(^_^)

しかし、このローズクォーツはダブルカットで石留めがとーても難しい!
どういう形で留めてもらおう・・・と悩みました。

爪や枠作りも大変ですが、ムーンストーンとローズクォーツの石枠の高さを合わせることなど・・・難しかったと思います。

こういう作品は細かいところに気を配りながら作らないとひどいことになってしまいますよね(^_^;) でも丁寧に作ってくださったおかげでトラブルもなく完成しました。清楚なイメージでとてもお似合いでした(^O^)/
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ペンダント
027-011

バラの花がカービングしてある琥珀・・・清楚で女性らしいデザインですね~。
特徴がある石なのでシンプルに仕上げてくださいました(^。^)
琥珀が大きめなので、これだけで魅力的なペンダントになりますよね!

琥珀は軽いので、少しでも軽いペンダントが欲しい場合はお勧めです。
でも硬度は2~2,5ですから、傷が付きやすいのが難点。
特にリングの場合は丁寧に扱わないと(>_<)
大きい琥珀なら立て爪よりフクリンの方が身につけていて安心かも。

実は私も同じ琥珀を持っており・・・フクリンを巻いたまま放置されているのをご存知の方も多いはず(~_~;) 周りのデザインが決まり次第!と思いながらも迷い続けております(^^ゞ
| BLOG TOP |

copyright © Crafter's Cafe all rights reserved.Powered by FC2ブログ